*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウーマン・イン・ブラック@PARCO劇場
ウーマン・イン・ブラック~黒い服の女~PARCO劇場
原作:スーザン・ヒル
脚色:スティーブン・マラトレット
演出:ロビン・ハ-フォ-ド
出演:上川隆也/斎藤晴彦
woman in black
STORY
 

ヴィクトリア様式の小さな劇場。舞台には特別な装置やセットはなく、ガランとしている。そこへ中年の弁護士キップスと若い俳優が相次いで現われる。キップスには青年時代、家族や友人にも告白できないような呪われた体験があった。以来、その記憶のために悪夢に悩まされ、安らぎのない日々を送っていたのだ。悩みぬいた末、キップスはこの忌まわしい記憶を、家族に打ち明けようとする。あの怪奇な出来事を劇場で語ることによって、悪魔祓いにかえ、呪縛から解放されようというのだ。その手助けに、若い俳優を雇ったのだった。
 キップスの告白はひどく長い。そのため、俳優が“若き日のキップス”を、“キップスが出会った人々”をキップスが演じるという上演の形が、俳優から提案される。
 そして「芝居」は始まった。

 若きキップスは、勤務先の弁護士事務所の顧客アリス・ドラブロウ夫人の死から語り始めた。この身寄りのない老婦人は北イングランドの片田舎で亡くなり、その葬儀と遺産整理のためにキップスが現地まで行くことになったのだ。
 夫人は地元の町クリシン・ギフォードの誰とも交流を持たずに、ナイン・ライン・ライフコーズウェイの先、イール・マーシュの館で暮らしていた。そこは潮が引いた時にしか行き来のできない孤立した場所だ。クリシン・ギフォードの人々は、キップスがドロブロワ夫人の名前を出す度に、表情を凍りつかせ不審な態度をとるのだった。彼女の葬儀に参列し、その後で館を訪れた彼は、そこで人々の態度を理解することになった。
 彼は見たのだ。葬儀の教会と、そして無人の館の裏で。
 いるはずのない黒い服の女を。


 中年のキップスは、録音技術による効果音にも助けられ、勢いを得て俳優との過去の再現に熱中していく。

 恐怖の体験から一夜置いた若きキップスは、町で事情を知るはずの人々に、自分の見た女が誰か、ドロブロウ夫人とその館にまつわる因縁が一体どんなものかを問いただそうとするが真実は闇の中だ。それでもキップスは再び館に戻り、自分の仕事を果たそうとする。
 再び館で迎えた夜。
 彼がそこで体験した出来事。
 その後の彼を襲う、さらに恐ろしい悲劇。


 キップスの記憶が再現されるにつれ、劇場でも、奇妙な変化が起きていた・・・。


沢山の「お誕生日おめでとう」のメ-ル。
ありがとうございました。
お返事できなくってゴメンナサイ。
この舞台を観に行っていたので、時間が中途半端になっちゃいました。

この演目自体は、今回が6度目の公演で、この顔合わせは3度目になるようです。
因みに、私は初めてです。
あいだ20分の休憩を挟んだ2時間25分。
ホラ-とは聞いてましたが、たいして怖くはなかったです(笑)
(どうしてかは、想像にお任せします。)
怖いというより、驚きですね。お化け屋敷的感覚。
でも、実際の場面にいたら…。色々と、思い出してしまいました。
東京での公演が終わると、ロンドンでの公演を控えています。
ロンドンでも日本語で、字幕をつけてやるそうですよ。

あ、それと、驚いた事にこの人に2日連続で会いました。
ちょっと、ビックリ。
名前解らなくて、「ネットでレンタル」の人!と、思って検索かけました(笑)
スポンサーサイト

tag : PARCO劇場

Secret
(非公開コメント受付中)

PARCO
こんにちは。

私は今回観劇しておりませんが、前回の上川さんのと、その前の西島秀俊さんヴァージョンをPARCOで観ました。

良く覚えておりませんが(笑)「音」が怖かった事と、パントマイムで犬が出てきた事とか覚えてます(汗)。。。

ちゃんと「黒い服の女」も登場されましたよね??
No title
>tsubakkyさん
こんにちわ。
いやいや、良く覚えてると思います。
確かに、あの「音(効)」は、効果も抜群だと思いますし、印象に残りますよね。
犬、出てきます。仔犬が。
ムツゴロウさん並になめ回れていたご様子。
最後には、私の目にも「黒い服の女」が見えましたよ(笑)
プロフィール

YSK

おでかけ
01/07  『東京月光魔曲』@シアタ-コク-ン
01/12  ORIGINAL LOVE@SHIBUYA CLUB QUATTRO
01/18  ORIGINAL LOVE@NAGOYA CLUB QUATTRO
01/19  ORIGINAL LOVE@SHINSAIBASI CLUB QUATTRO
01/22  阿佐ヶ谷スパイダ-ス@本多劇場
01/27  ORIGINAL LOVE@SHIBUYA-AX
02/21  AGAPEstore『残念なお知らせ』@全労済ホール speace ZERO
03/05  斉藤和義@日本武道館
03/06  自転車キンクリ-トB『富士見町アパ-トメント』@座・高円寺
03/12  東京スカパラダイスオ-ケストラ@新木場STUDIO COAST
03/14  自転車キンクリ-トA『富士見町アパ-トメント』@座・高円寺
03/26  『相対的浮世絵』@シアタ-コク-ン
03/27  東京スカパラダイスオ-ケストラ@両国国技館
04/17  劇団★新感線『薔薇とサムライ』@赤坂ACTシアタ-
04/24  東京スカパラダイスオ-ケストラ@東京体育館
04/27  U-1グランプリcase03『職員室』@赤坂RED THEATER
05/09  スチャダラパ-@日比谷野外音楽堂
05/15  『2人の夫とわたしの事情』@シアタ-コク-ン
05/23  GREEN ROOM FESTIVAL10@横浜赤レンガ倉庫
05/27  『裏切りの街』@PARCO劇場
06/23  『ザ・キャラクタ-』@東京芸術劇場
07/03  ORIGINAL LOVE@NAGOYA CLUB QUATTRO0
07/04  ORIGINAL LOVE@SHIBUYA CLUB QUATTRO
07/10  ORIGINAL LOVE@SHIBUYA CLUB QUATTRO
07/11  NYLON100℃『2番目、或いは3番目』@本多劇場
07/13 音霊OTODAMA SEA STUDIO 2010 田島貴男×salyu@OTODAMA SEA STUDIO
07/25  ORIGINAL LOVE@SHIBUYA-AX
08/05  劇団MOP『さらば八月の歌』@紀伊國屋ホ-ル
08/07  TOKYO SKA JAMBOREE VOL.2@山中湖交流プラザきらら
08/11  劇団MOP『さらば八月の歌』@紀伊國屋ホ-ル
08/13,14 RISINGSUN ROCK FESTIVAL@石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ
08/18  川上つよしと彼のム-ドメイカ-ズ@ビルボ-ド東京
08/25  『ROCK'N'ROLL』@世田谷パブリックシアタ-
09/12  『シダの群れ』@シアタ-コク-ン
10/29  劇団★新感線『鋼鉄番長』@サンシャイン劇場
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
MY BLOG LIST

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RANKING

にほんブログ村 音楽ブログへ   にほんブログ村 演劇ブログへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。